目標 『全てはサッカーをしたい子供の為に』

「サッカーをしたい」と、思った子供の全てがサッカーを始められる環境を作りたい。
子供たちに思う存分サッカーができる環境を作りたい。


コンセプト1 『無限の可能性にチャレンジ』

子供は身体は完成されつつある大人と違い、技術・動きの取得の早さにはいつも驚かされます。現に人間の神経系機能は10歳までにほぼ80%完成されると言われています。そんな子供に家でTVゲームをしているような、同じ動作の繰返しではなく、色々な動きや体験をさせ、少しずつ器用で適応力のある子になり、後々にサッカーだけでなく、ステージを変え、大きく活躍をしてもらいたいと思います。そして、どんなに浅はかでも「プロになりたい」「サッカーで活躍したい」と、思った子には時間の許す限り、精一杯接し、次のステージへ送り出したいと思っております。


コンセプト2 『枠にはめないフリースタイル』

現在超人気スポーツといっても過言ではないサッカーは年々進化し、その進化にサッカー関係者が対応している状態です。そんな中、少年サッカーが勝利主義傾向にあり過ぎると感じています。何ヶ月・何年間とポジションを決められ、「あれはダメ」「これはダメ」「あーしなさい」「こーしなさい」…これでは、子供の1番得意な遊びの中での発想力が失われ、プレーも機械的になってしまうと考えております。ポジションを固定し、役割を決めて中学3年や6年生で結果を出す。チームで勝つ。のではなく、試合で自分のやりたい事をする。試合でやりたい事を成功させる為に練習をする。そして本当に勝ち負けを問われる高校生位で、そのステージに立てる選手になる。これを目標に日々活動しております。


スタッフ紹介

代表 大川井大智